大鳥神社

(東京・目黒)

家族の絆を深める神聖なる儀式

大鳥神社の結婚式は、家族の絆を深める神聖なる儀式。
厳かな参進の儀から始まり、神前式後の会食・パーティーも可能です。

  • 初穂料:50,000円
  • 参列可能人数:30名(コロナの関係上20名)

大鳥神社について

About Shrine

大鳥神社の紹介

平安時代に創建され、約1200年の歴史を誇る目黒の大鳥神社。
毎年11月の「酉の市」は有名で、商売繁盛・開運招福の神様です。
挙式は雅楽の生演奏の中、厳粛に進みます。家族に囲まれての結婚式にぴったりの神社。
社殿と渡り廊下でつながる、社務所の控室において、新郎新婦のご披露と親族紹介をした後は、厳かな参進の儀とともに神前式が始まります。

神前式の最後に頂ける、宮司様からの心温まる祝辞は新郎新婦の出発にとても 花が咲く、はなむけのお言葉です。
目黒の大鳥神社での神前式をお考えの方、どうぞ、お気軽にご相談ください。

大鳥神社

神前式の流れ

  • 修祓
  • 宮司一拝
  • 献饌
  • 祝詞奏上
  • 三献の儀
  • 誓詞奏上
  • 指輪交換
  • 玉串拝礼
  • 撤饌
  • 宮司一拝
  • 親族盃
  • 宮司挨拶
大鳥神社

大鳥神社の歴史

日本武尊は景行天皇の皇子であり、天皇の命令で熊襲を討ち、その後に東国の蝦夷を平定されました。

この東夷平定の折、当社(大鳥神社)に立ち寄られ、東夷を平定する祈願をなされ、また、部下の「目の病」の治癒を祈願されたところ、首尾よく東夷を平定し、部下の目の病も治り、再び剣を持って働くことができるようになったので、当社を盲神めくらがみと称え、手近に持って居られた十握剣とつかのつるぎを当社に奉り、神恩に感謝されました。この剣を天武雲剣(あめのたけぐものつるぎ)と申し、当社の社宝となっております。

当社の社伝によると、「尊の霊みたまが当地に白鳥としてあらわれ給い、鳥明神とりみょうじんとして祀る」とあり、大同元年(西暦806年)には、社殿が造営されました。
当社の社紋が鳳凰ほうおうの紋を用いているのは、このためです。日本武尊の祈願成就の由緒により、目黒の祈願所といわれます。
また、江戸図として最も古いとされる長禄の江戸図(室町時代)には当社は鳥明神と記載されております。
尚、この江戸図に記載される社は九社しかなく、大鳥神社は 江戸九社の一つにかぞえられております。

大鳥神社

アクセス

〒153-0064 東京都目黒区下目黒3-1-2

駐車スペース:7台

  • JR山手線、地下鉄南北線、地下鉄三田線、東急目黒線 「目黒駅」 徒歩7分

おすすめプラン

Recommend

大鳥神社での神前式なだ万 高輪プライムでのご会食

挙式お支度プラン

132,000円(税込)

衣装と着付けだけのシンプルプランです。

ヘアメイクも現代風、伝統的な和風メイクと選べます。

  • 挙式会場使用料
  • 控え室
  • 介添料
  • 新婦ヘアメイク&着付け(洋髪のみ)
  • 新郎新婦和装各1点(紋付:88,000円・白無垢:165,000円含む)

プラン内容の詳細

別途神社への初穂料が必要です

土・日・祝日は+55,000円となります。(税込)

会食会プラン

187,000円(税込)

会食会プランには会場使用料、お料理、ドリンク代金は含まれません。

お問い合わせ

TEL. 03-6402-3833

神社近くの会食会場

The meal venue

なだ万 高輪プライム 会場

なだ万 高輪プライム

東京 芝 とうふ屋うかい 正面

東京 芝 とうふ屋うかい