湯島天満宮

(東京・湯島)

湯島天満宮は、江戸時代より「湯島天満宮」「湯島天神」とも呼ばれており、「湯島天神」は通称となります。
湯島天満宮での神前式は、本殿のご神前で厳粛に行なわれます。
拝殿は総檜つくりになっており、天井の絵は松尾敏男画伯による竜の天井画です。

  • 初穂料:100,000円
  • 参列可能人数:50名

湯島天満宮について

About Shrine

湯島天満宮の紹介

神社の社務所より参進の儀の際に、新郎新婦を始め、ご参列者様全員で渡る赤い太鼓橋があり、これに憧れる新郎新婦もたくさんいらっしゃいます。

湯島天満宮

神前式の流れ

  • 修祓
  • 斎主一拝
  • 祝詞奏上
  • 三献の儀
  • 誓詞奏上
  • 玉串拝礼
  • 指輪交換
  • 豊栄の舞
  • 親族盃
  • 斎主挨拶
湯島天満宮

湯島天満宮の歴史

湯島神社は菅原道真公を祀ったもので湯島天満宮又は湯島天神の名で有名です。

菅公の徳は全国に浸潤し天神様と尊ばれ全国に祀られて、学問の神様として敬われています。
伝えられるところでは文和4年(1355)湯島郷民の勧請にはじまり文明10年(1478)太田道灌が修造したといわれています。
青松が繁る神境に野梅が盛んに香り風雅に富んだ所として古くから名を知られ、その後江戸幕府の朱印地になり、林道春、新井白石等の多くの学者に文神とし崇められました。

境内の生めは一時枯れましたが、現在では地元民の篤志により、数百本の梅樹が植えられ、2月から3月に行われる梅まつりにはみごとな花と香りで参拝者、鑑賞者を楽しませています。
また梅園の中には、満天下の子女の紅涙をしぼらせた「婦系図」のゆかりの地つぃて里見弴外16名の文筆家ら旧知関係者によって昭和17年(1942)9月7日に泉鏡花の筆塚が造立されました。

湯島天満宮

アクセス

〒113-0034 東京都文京区湯島3−30−1

駐車スペース:無(近隣に有料あり)

  • 千代田線「湯島駅」徒歩2分
  • 銀座線「上野広小路駅」徒歩5分
  • 丸の内線「本郷3丁目駅」徒歩10分
  • JR山手線・京浜東北線「御徒町駅」徒歩8分
  • 都営大江戸線「上野御徒町駅」A4出口徒歩5分

おすすめプラン

Recommend

湯島天満宮での神前式人形町今半 上野広小路店でのご会食

挙式お支度プラン

132,000円(税込)

衣装と着付けだけのシンプルプランです。

ヘアメイクも現代風、伝統的な和風メイクと選べます。

  • 挙式会場使用料
  • 控え室
  • 介添料
  • 新婦ヘアメイク&着付け(洋髪のみ)
  • 新郎新婦和装各1点(紋付:88,000円・白無垢:165,000円含む)

プラン内容の詳細

別途神社への初穂料が必要です

土・日・祝日は+55,000円となります。(税込)

会食会プラン

187,000円(税込)

会食会プランには会場使用料、お料理、ドリンク代金は含まれません。

お問い合わせ

TEL. 03-6402-3833

神社近くの会食会場

The meal venue

人形町今半 上野広小路店 会場

人形町今半 上野広小路店

東京 芝 とうふ屋うかい 正面

東京 芝 とうふ屋うかい